GISひろば - GIS学習[GISとは]
 GISの概要GISの歴史GISの仕組みGISの基本的機能GISと周辺技術GISでできることGISの利用と効果

GISとは?

GISでできること

 GISは、「生きた地図」であり、ひとつひとつのデータ(レイヤー)をデジタルで持つため、次のようなさまざまな加工・分析・表示が可能である。


共通のフィールドでの各種情報の管理と参照
 種類の異なる空間データを地図という共通のフィールドで管理し、自由に比較参照できる。

共通フィールドでの各種情報の管理と参照


●目的にあった地図の作成
 さまざまな空間データから任意のデータを取り出し、任意の縮尺で重ね合わせて、目的にあった地図を作ることができる。

目的にあった地図
位置図          施設案内         利用区域図


めざす場所や情報の検索・入手
 住所や希望する条件等を入力すると、該当する場所や施設を検索して地図上で表示することができる。

検索・入手


地域情報の分析・評価
 種類の異なる空間データを重ね合わせたり集計したりして、新たな事実を見つけだしたり簡単に統計をとったりすることができる。

分析・評価
○○地域かつ中、高層建築物が
50%以上占める地域の分析・抽出…etc


●さまざまな空間シミュレーション
 空間データを条件として与えて各種の空間シミュレーションを行い、結果を表示することができる。

シミュレーション


●新たな領域データの作成
 種類の異なる空間データを重ね合わせたり集計したりして、新たな事実を見つけだしたり簡単に統計をとったりすることができる。

領域データの作成
駅から200m及び幹線道路から
20m圏域の設定と圏域内建物数の集計…etc


●最短経路の抽出
 道路や水路、管路などのネットワークデータから任意の地点間の最短経路を分析・表示できる。

最短経路の抽出
工事や交通状況を考慮した最短経路の分析…etc


●所在や異常の検出とガイド
 GPSやセンサーなどの技術を利用し、所在や異常を検出して地図上で位置や状態をガイドすることができる。

現在位置のガイド 異常の検出と場所の表示
自分や関係者の現在位置のガイド 異常の検出と場所の表示


●空間データを用いたコミュニケーション
 空間データを用いて、異なる地点間の情報のやりとりを正確かつ迅速に行える。調査や分析の結果を空間データに整理し、伝達することや、空間データを利用した電子的な予約・申請・依頼・登録・案内等も可能である。

コミュニケーション


●疑似体験や3次元分析(将来)
 将来は3次元空間データを用いて、知らない空間の疑似体験や3次元の空間分析が可能になる。

周辺散策 3次元データ管理・景観分析
転居候補地の周辺散策 都市の3次元データ管理・景観分析等
  サイトマップ